TOP日記封印癖

封印癖

お絵描きをお仕事にしたいと考え、その準備をしている途中に、それまで趣味だった”知らない音楽を聴くこと”を封印した。

お絵描きを本気で始めるのが28歳。それから1年経った時点での封印。

1年経っても、画力がそれほど向上せず、自分自身がヤバイ状況いると思ったことが背景にあったのだと思う。

それが関係したのかどうかはわからないけれど、それから7年して、ある程度仕事を頂けるようになり、めでたく音楽を解禁することができた。

解禁して一番驚いたのがSpotify。

i-tunesを初めて知った時も驚いたが、Spotifyはそれ以上。

19歳の頃、廃盤になったCDを探し求めて大阪を彷徨い、何とか購入することが出来たアルバムもSpotifyで簡単に見つけることができた。「こんなの反則じゃないか!」と心から思った。

そんなSpotifyのおかげで、今昔の素晴らしいミュージシャンを知ることができたし、封印前に聴いていたミュージシャンたちの現在の動向を知ることができた。封印している7年間に素晴らしい音楽がたくさん生まれており、それらをチェックすることができた。そして、そんな音楽を聴きながら、できることなら発売された時点で聴きたかったと後悔もした。

しかし、また封印することにした。

今のお仕事を、もっと面倒で面白いものにしたいと考えたら、またお仕事を始めた頃のようにしたいとなった。

今度解禁したときにはspotifyさえ陳腐に感じるような新しい音楽の聴き方が生まれていたりするのだろうか。そしてまた、今回したような後悔するのだろうか。

それはそれで残念だが、とても楽しみだ。

何はともあれ、お絵描きを頑張りたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。