TOP日記未熟なムラの魅惑

未熟なムラの魅惑

徐々に水彩を始めている。

とは言っても、水彩”画”を描くわけでもなく、四角形にムラが出来ないように色を塗るということだけを行なっている。

大変単純な作業ではあるが、初心者にはコレが全くできない。

デジタルが主戦場の人間からすれば、筆の扱い辛さは相当なものであり、色がはみ出したムラだらけの四角ができることになるのだが、デジタルが主戦場の人間からすれば、そのムラが愛おしかったりする。

うまく塗れないことは何とも悩ましいのだが、水彩の発色は綺麗で個人的な癒しの時間になっていたりする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。