TOP日記ボーダーの救済

ボーダーの救済

人を描く際、服をボーダーにすることが多い。

服を描くのに、何も描かず無地にするのは手を抜いているような気がするし、
あまりに頑張って複雑なものを描き込んでしまうと、大変になる。
そんな困った時に役立つのがボーダーという模様だ。
簡単に描ける割に、何だか細部まできちんと描いているような気がするのだ。

そういえば「とりあえずボーダーの服を着ときゃいいや」という考えが
自分自身にあって、実生活でもイラストと同じようなことをしていることに気づく。

何だか、この考えはよろしくない気がしてきた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。