TOP日記拙さの潜伏

拙さの潜伏

イラストの仕事をしていると、同じようなシチュエーションのイラストを描く事があったりする。
ただそうなった時、なぜだか構図やらポーズやらを、依頼下さった形から変えたくなる衝動にかられる。

ただただ飽きるのが嫌というわがままが動機からくる衝動なのだろうけど、これがなかなか厄介な問題を引き起こす。

その構図やらポーズで描いた経験がないことや、何より技術的な問題もあって、上手く描けずドツボにはまってしまう。

不思議なものでラフの時点では「上手く描けない」問題が潜伏していて気付かず、仕上げ段階で勃発するという傾向があり、とても憎らしい。

まぁ、上手くなれば終いの話っちゃあ話なんだけれども

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。