TOP日記シンプルさに不満

シンプルさに不満

門外漢な作業が終わる。
どう考えても、その作業工程は忘れるし
次に取り掛かるときにその作業工程を
覚えていないと、作業が滞るのが予想できる。
ということで、作業の始まりから終わりまでを
忘れないように書き出してみる。

実際は樹海を迷うかの如く進んでいくのだけれど、
手順なので、紆余曲折を省き、
うまくいったもののみを抽出する。
そして抽出されたものを長めて苦笑い。

手順が少ない。

二日かけたのだからそれに見合う量が欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。