TOP日記苦戦の要因

苦戦の要因

下絵から仕上げに向かう作業は、ことの外時間がかかる。

「ことの外」というのは、仕上げ作業の印象に
下絵をなぞれば簡単に完成する印象があるからかもしれない。

でも、実際には下絵の線をなぞって完成なんてことはなく、
そこから二転三転するのが「いつものこと」のようである。

だからといって、下絵時点で仕上げはなぞれば完成するレベルにするというのは
仕事全体のことを考えると、あまりいいこととも思えない。

ということで、仕上げというのはこういうものだと認識するしか
ないのだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。