TOP日記唐子

唐子

興味というのは不思議なもので、
昔はただただ気持ち悪いとしか
思わなかった唐子が今はとても面白い。

あのなんとも言えない気持ちの悪さは
グロテスクとも少し違うし、愛嬌があるようにも感じられる。
ああいった雰囲気を意図的に出せればいいのだけれど
結構そこらへんの塩梅は難しかったりする。

上に描いた唐子は、そこらへんがまだまだ弱い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。